医療効果が期待できるジグリング(びんぼうゆすり運動)

びんぼうゆすりは医学用語でジグリングと呼ばれ、現在では様々な医療効果が期待できる運動として注目を集めております。これまでのネガティブなイメージと違って、医療機関で取り上げられている変形性股関節症に対する保存療法の一つです。

近年、テレビ、雑誌等でも取り上げられることが多くなっているびんぼうゆすりですが、何にどうよいのかということについて多くを知っている方は少ないのではないでしょうか。

ここでは、びんぼうゆすり(以下ジグリングという)の医療効果について様々な文献、症例をご紹介しながらジグリングの医療効果をご紹介していきたいと思います。

The medical term for binbo-yusuri(shaking your leg or bouncing nee) is called jiggling, and it is currently attracting attention as an exercise that can be expected to have various medical effects, especially for hip joint. Contrary to its negative image, it is one of the conservative treatments for osteoarthritis of the hip that is being taken up by medical institutions.

In recent years, binbo-yusuri has been increasingly featured on TV and in magazines, but I don’t think many people know much about what it is good for.

Here, we would like to introduce the medical effects of jiggling while introducing various documents and cases regarding the medical effects of jiggling.

ジグリングで期待できる医療効果

記事件数 全52件新着ブログ記事

ブログ記事一覧

お知らせ

第61回日本リハビリテーション医学会学術
無料レンタルプログラム終了のお知らせ
第3回日本股関節学会骨切りセミナー 展示
健康雑誌「健康365⑫月号」でジグリングが紹介
主治医が見つかる診療所でジグリングが紹介

お知らせ一覧